TT250R

さらばTT250R

  先月からエンジン異音でバイク屋に入院していた我がTT250R(4GY1)ですが 結局この異音の原因はカムチェーンではなく、クランクシャフトにできた傷が原因でした。シリンダヘッド空けて見ても、カムチェーンもテンショナーも異常なし。最後にやむなくエンジン下ろしてクランクケース割って、つまり全分解して見ると
 …。
 
Photo

 クランクシャフトの傷(赤丸2箇所)

Photo_2

 
 ピストンピン(赤丸の1箇所)
 
 クランクシャフトに傷が2箇所、ピストンピンにも傷が1箇所。この傷が出来る要因が なんだったのか?が実ははっきりしないのですが、推定要因としては、

 1.オイルポンプの不良(但し分解後に目視では問題はなさそう、目視で判断できる範囲ですが)

 2.エンジンが熱を持ちやすく、つまりオイル切れを起こしやすい状態になってきた?
  
 この現象になったのが、エンジン内のオイル切れ(エンジンオイルが十分に回らなくなってきたことによる)かなとは想定はできるのですが、何がトリガーなのか?各パーツの経年劣化なのかどうなのかよくわからない、といういのが今回の悩みどころでした。ここで大金かけて直して、果たして再発はないと言えるのか?というのがどうにもよく見えない。異音の原因はよくわかるし、放置もできないので、乗り続けるとなると修理せざるを得ないのですが、上記の再発の可能性を考えると、もうなんといういうか2年前の夏のエンジンからのオイル漏れをなんとか止めた時のような熱意もなく、毎年どこかしら修理にお金がとんでいく現状に、段々と疲れてきたというのもあって、最終的に廃車としました。
  クランク、ピストン周りを換えてとなると3,40万以上は覚悟の世界だし、そこまでとなるとインジェクションのセローなりトリッカーが新車でGETの価格帯に飛び込むのもバカらしい、と思った次第。XLRを盗られた後にバイク屋さんから中古の出物で薦められたのがきっかけで7年間、推定3万キロ(メータが2度ほど死んでしまったので正確な走行距離不明(^^;)以上、よく走ってくれました。ここで作業止めて、車両引き取り代と今までのエンジン分解の工賃、ガスケット代等は大体同じなので、車両の廃車手続きと車両引き取り代で以上の作業工賃他を相殺といういことで費用面は決着。ZZR1400を購入直前・直後だけに、ちょっと、いやだいぶ経済的には助かりました(^^。装着していたタカツのオフロードミラーやGPSホルダー、DRCウルトラライトクラッチレバーは外してノーマルに戻して、エンジンを下ろした状態のTT250R

 Tt250r

 
 7年間ありがとう。
 
  次のオフ車は、インジェクション セローかKLX250を検討します。無論今すぐは無理なので、先の話ですが、インジェクションのトリッカーもいいかなぁトカ、WRは高すぎて却下トカ夢想してます。
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

TT250Rのエンジン異音

 シンリンダヘッドあたりから、エンジン回転数を上げるとヒュオーンを甲高い異音が発生、高速の伸びもイマイチになってきたので、行きつけのバイク屋に持ち込みました。ひょっとしたらカムチェン関係かなと心配。直ぐには治りそうな気配でもなさそうなので、5/24の林道に行く予定もキャンセルです。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TT250Rノーマルに戻しました

 マフラーとASウオタニのSP2コイルからノーマルへ戻しました。理由はRASの林道トレツー(ビギナー)に参加したら、一番遅くて(TT)他の参加者の課t型の足を引っ張るわ、エンジンは上の方でアイドリングはバラついたり不安定になるわで、ハード、自分の腕共々未熟さがよくわかった為です。林道トレツーは他にも失敗があってもー色々と恥ずかしい限りでした(TT)。でTTRは、久々にノーマルに戻した後乗ったら軽快な動きに驚きました。やはしアチェルビスのビッグタンクが結構な負担だったんだなぁと改めて実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには旨いモノ食いに行った思いつきツー(小田原・伊東編)w

 先週(6/14)に、たまには旨いお刺身でも食いたい!ということで、思いつきで
小田原の魚市場食堂に行ってきました。以前にもVersysで行ったことがあるのですが、前回はターンパイクや伊豆スカイラインが主目的でしたが、今回のは「食うw」事と、しばらく長距離走っていないTT250Rの、下道ツアラーとしての走りっぷりの検証(^^)。AM9時半すぎ出発、府中方面からR16→R129→R271→R1→小田原というひたすら下道走って丁度12時到着。
Odawara_uom01

Odawara_uom02


R1は毎度のことながら混んでましたが、他はそこそこ普通に走れました。3Hぐらいかかるのかなと思ってましたが、意外や2H半ですか。魚市場食堂は、予想通り8割がた席埋まり状態。
本日のお薦めも売り切れとあって、「おさしみ定食」¥730を選択。わさびをお醤油でといてぶっ掛けて食す
のが定番らしいです。お味は期待通り、さすがまぐろのお刺身のボリュームが違いますね。ごはんの量も多すぎず少なすぎず、個人的には適量でした!(^^ 

Osasimi_t02

 さて、天気は曇時々晴れで蒸し暑い状況。もう一走り伊東マリンタウンあたりまで足を伸ばしますか、とこれまた思いつきでR135をひたすら南下します。混んでるところもありましたが、そこそこ山沿いは普通に走れて、2Hぐらいで伊東マリンタウンに到着。駐車場はほぼ一杯。なんとか空きを見つけて止めました。

Imt_t_sc03

Imt_t_sc01

 


 親子ずれのようです。いい感じですね。

Oyako

 
 ここではスマル亭の「桜えびそば」を食しました。桜海老のかき揚げがふわっと融解しておいしゅうございました。この辺りでお腹も一杯w
 
Saku_soba01


 そういえば伊豆限定のお茶「ぐり茶」があったなぁとGET。

Guritea01

Guritea02

 
 喉越しスッキリで、本日の「食う」の目的は完了w。復路もひたすら下道走って帰りました。幸いそれほど
 混まずに3Hちょいで帰還できました。往復230km。出発前にGAS満タンにしておいてから出発しました
 が、リザーブに切り替えることなく帰還できました。こういう時にもビッグタンクありがたいです。ガソリン高いし(^^; で、久々のTTRのロング、ASウオタニのSP2コイルのお陰で低中速のトルクもノーマル時より太くR135の山沿いのちょっとしたワインディングなどアクセルのオンオフのみでクリアできたりして、久々に感動w。反面細かい振動は、やはり長時間乗ってると体にジワジワきますね。Versysのツインの乗り心地とはこの辺が異なります。しばらく長距離乗ってなくて忘れてただけかもしれませんけど(^^;。あとクラッチが長時間のってると重いと感じるところがちょっとひっかかったところかな。シリンダヘッドは、今年初めのほうに付け直して調整しただけあって、現在のところオイル漏れはありません。マフラーは、プロト スーパーサウンドに換装していることでの軽量化と図太い排気サウンド(これも今の排ガス規制厳しい新車にはないしなぁ)、リッター20キロ以上は行く燃費や低中速のトルクの増大等、今回は色々と新たに直した換装した結果が感じられて楽しいですね。Versysとは異なる良さがあってGood!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TT250Rリハビリプチツー行

 11/18 やっと晴れたので、TT250Rの林道と高速道路の走りっぷりを確認すべく、山梨の和見棚頭林道へ走りに行ってきました。午後からふと思い立って出かけたのですが、やはり寒いですね。ほぼ冬装備で、上はネックウォーマーに冬用ジャケット、下は防寒インナー、Gパン、オーバーパンツという装備でしたが、これぐらいで、高速道路も、山間部も丁度良いぐらいでした。上野原の郵便局近くの温度計表示は気温15度でした。
中央高速の上野原ICを降りて剣道30より和見入口から道なりに高度上げていきます。途中「林道檜尾根線」
のゲートがあるところより少し前あたりからダートとなってます。林道檜尾根線のゲートはやはり閉じてました。

Tdome02

Tdome03

 このあとしばらく、ダートでしたが、普段は工事中らしくショベルカーがあちこち道の脇に止まってました。紅葉は
まあボチボチというか既に落葉したというべきなのか微妙なところです。

 Kouyou

Kouyou02

 ホントいうと、もっと写真撮りたかったのですが、ダートでサスの直した効果みるべくスタンディング走行してたり、調子乗って走ったたあげく、轍でバランス崩してコケてしまいました(^^;;(大恥)ので、後はおとなしく普通に走っておりました。コケた被害状況は、左のグリップ先端はボロボロ、クラッチレバーちょい曲がり、人は幸いにも、オーバパンツ汚れたぐらいで特になし。ヒザプロテクター着けていって正解でした(^^;対向車も追い越車もぜんぜんなく、静かなところでしたが、谷側に落ちたりしたら発見してもらえそうもないところでもありますた(^^;; ダートはトータル100mあるかないかで、しかも工事中のようでしたから、来年には全部舗装されているかもしれません。ただ路面は落ち葉多い状況なので、慎重に行かないとすべり易い状況でした。我がTTRについては、とりあえず直しただけのことがあって、前後共にサスは快調!。高速も100キロまでは楽に出せました(それまでは回して回してやっととこさだったのが嘘のようw)。ポジション的にTTRの100キロは風が辛くて楽しくはないのですが、エンジン足回り的には復調を確認できて良かった!の半日でした。あと、そろそろリアタイヤは、換えたいけど来年年明けか、年末かな。 なお林道についての情報は、山梨の林道事典のサイトを参考にさせていただきました。山梨の林道に行く前は必ず事前に読ませて頂いております。とても丁寧な記事で大変参考になりました。ありがとうございます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

TT250Rあれこれ整備・改造の経過

 改造といっても錆がひどくなってきたノーマルマフラーをプロトのスーパーサウンドに変更しました。これまたへたって走行中フワフワする挙動がリヤサス交換(先々月つまり9月)してから目立つようになったので、Fフォークのスプリングを輸出仕様のTTRのモノに変更。今月に入って、先週の土曜日(11/3)ですが、ハンドルをノーマルから、20mm程幅の狭いハーディのアルミMXハンドルバー(PRO)に変更、グリップもレンサルのに変更、ハンドルマウントも、ノーマルポストからハーディのアルミハンドルスタビライザーに変更。なんだか書いててゴチャゴチャしてきたので、時系列的に書くと

6月後半ー7月 エンジン下部(クランクケース)からオイル漏れ止まらず
じわっとでなくて、ボタボタ滴下状態になったので、やむなくエンジンOH

エンジン復調!

8月 ついにチェーン、スプロケ寿命につき交換(消耗品だからやむなし(TT)

8月後半 エンジンが快調なのにリヤサスふにゃふにゃで、乗り心地悪し。
  (当時 中古のKLE400もあったが、それに比べてもひど過ぎた)
 我慢できず、ついにリヤサス交換。

 リヤサス新品→車高UP→足つきが購入時並に復帰(^^;;→交差点バレリーナ状態ww

しかし、リヤサス踏ん張りすぎて、リアブレーキで後輪ロックするぐらいになってしまった。それと同時、フロントの挙動の悪さがハッキリ(^^;;

9月末 ついに我慢できなくなり、Fフォークオイル交換とFフォークのスプリング交換を考える。
 バイク屋さんに話すと、アチェルビスのビックタンクを考えると輸出仕様のスプリングを薦められた。国内仕様60kgの人ベースで、輸出仕様は70kgの人ベースで想定されていて、ノーマルより若干硬めのスプリングであるとか。


10月下旬に実施。 その際に上記のマフラーも交換。エンジンオイルもその後交換、EPLも追加投入。いやーもー述べトータルコストはヨレヨレのオフ車が1台買えるかどうかぐらい投入しますた(TT) でも結果は、乗り心地、加速共に購入当初並に復帰してきたように思います。燃費もリッター約20kmに戻ってきました。エンジンのOHやFフォーク、リヤサスはさすがに専用工具もなかったので、バイク屋さんに依頼その他のこまごまとした変更は、時間見つけてボチボチと自分でやりました。参考にした整備関係の本をリンク張っておきます。パーツはなるべく自分でNET通販で入手しましたが、やはり出費はかさみますねい(TT) しかも今度はリヤタイヤも減りが(^^;;

  減り状況見て交換ですね(^^;トホー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修理後のTTR

 アチェルビスのビッグタンク換装する直前のエンジンOH後、キック取り付け後、チェーン・スプロケ交換後のTT250Rです。

Rightside_bifore


Leftside_before

パーツも残り少なくなってきたとのことで、あわてて発注(6月末)キックも取り付けました。走行中に後ろにジワジワズレてきて、エンジン始動直後のあのジャーという音がエンジンからするのが、ちょっと難。一々右足で戻してますが面倒なので、近々ゴムか何かでカバーしようかなと。今はもうアチェルビスのビッグタンクついているのですが、ビッグタンク付いた今にして思うと、シリンダーヘッド見えているのねと、変な意味で新鮮ですw 換装後の写真は雨でまだ撮ってないので、又別途にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TT250R用アチェルビスビッグタンク到着

 4月に発注したTT250R用のビッグタンク(容量22L)がやっと到着しました。第1印象は、月並みですが、「でかっ!w

Top_f1

R_side_view

Back_view

フレームに取り付けるステーとフューエルコック(両サイドに有り)を取り付けました。

Botom_view

どうやらエンジンステーの一部を利用してフロント部分を取り付け、その際ホーンが干渉するので、取り外してこのタンクに取り付けたステーに、付け直すようです。またウィンカーもタンクに干渉するようなので、フロントフォークブラケットに直付け?のようです。フロンウンカーは斜め上を向くようですね(^^; 前だからいいか(^^ちゅうことで、
取り付け後の写真は別途UPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)