心と体

ちょいとばかり、しんどいと思う時

  元々、全人格的に尊敬していた訳ではなかったとはいえ、今まで見えてなかった人のダークサイドを見たり聞いたりしてしまった時。ああそうなんだとか思えど、知ったことにより、今度相対す時には、多分距離置いて話すことになるだろうなと思われる>自分 そう考えると、分け隔てなく、人の裏面も知りつつ、以前と変わらぬ態度で接する人というのは偉いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライディングスクールに行ってます(但し不定期参加)

  2007年に大型免許取得して痛感したのが、なんて下手クソなんだ>俺でした(^^; 大型免許取得しに行って、まぁなんとか免許は取得したものの、その後大型車に試乗して痛感したのが、「これは、ちゃんと運転しないと下手すりゃ大事故になるぞ」というもの。Versysは排気量650ccとはいえ下道でも7,80kmまであっという間 ですし、引き起こしにしたって軽いとはいえ200kg以上はあるわけで、恥ずかしながらタチゴケした際など、起こすのに最初は苦労します。今まで乗ってきたOFF車が100kg前後だったことを考えると当たり前なのでけど。しかしもう一つ思ったのは「乗る以上、自分で制御できなくてぶつけてしまった」なんて事は絶対に避けたいし、当たり前ですが自爆だけならともかく他人様を巻き込むわけにはいかない。それにも増して、重いバイクを自在に
 スマートに乗りこなしたい。ワインディングをクリアしたいなんて希望もあったわけです。
  なんせ中免取った学生時代のツーリングスタイルは寺崎勉さんの「野宿ライダー」を範としてましたからバイクはオフ車、荷物はキャリアにシートに人に括り付けて、キャンプ場で野宿しつつ回るというのが基本でした。しかしまぁ20代、30代前半はともかく、やはり、30代後半からは厳しく感じるようになりました。また当時はライテクなんて、スラロームをクリアするわけでなし、ましてやジムカーナに出場する訳でもなく、別にスピード落としてトロトロ走っていてもいいじゃないかが基本思想でした。ただそうすると長距離走る場合に、当たり前だけど走行距離かせげなかったり、ワインディングといえども単調だったり、大排気量車だったら、もう少し荷物積載できるんだがとかがあった訳で、まずは大型2輪免許を取得して考えようかと。
  そうして、大型2輪免許を取得すべく通っていた教習所時代の後半に、BIG MACHINE誌のフォームの特集で柏秀樹さんのRAS(Riding Art School)の存在を知り、さらに広告の「ビッグマシンを自在に操る」のDVD(1,2巻)を知って即購入、見て、なるほど!としばらくは感心してました。 で、最初はDVD見て特集記事読んで自分なりに理解してやればなんとかなると思ってたのですが、しばらく自分で試行しているウチにふと「果たしてコレでいいのだろうか?」と思った訳なのですよ。
 自分でイイだろうと思っていても外部から見てもらってるわけでなし、まぁこのあたり独習者によくある不安で、仕事で忙しい最中でありましたが、なんとか予定を縫って最初に「初めてのRAS」(最初にRASを受講する場合必ず受講する、初回オリエンテーリング+座学+フォーム、ブレーキ、取り回し、Uターン等実習の講習)を受講したのが2007年10月後半。いやーホント受講してよかったですよ。如何に自分でできているつもりになっていたのか、その他目からウロコな事も多々あり、これは機会を見て続けて受講せねばと思った次第。しかし、やはり忙しい日常を縫って受講しに行くので、結局2007年は「初めてのRAS]だけで、2008年は4月からやっと2回目受講、8月までにトレツー(公道にて実際に指定された集合場所から所定の場所までのコースを柏秀樹氏(以下柏校長と略)他講師の方のアドバイスを受けつつ走行する。トレーニング+ツーリングという造語)含めて4回、そして8月の事故で3ヶ月中断して11月に復活、11月中旬と12月にそれぞれ1回づつ受講(クローズドコース)、2009年は(RASから名称がKRSと「リニューアル」しました)1から3月まで各月1回づつ受講てな感じで参加してライテク向上に研鑽してます。
 
  で、行って見た結果の効果の程(2007年10月から2009年5月現在)
  
   今までのところ、大きな進歩は「確実に前後ブレーキを使用したフルブレーキングができてきた」ように思ってます。でこれができてくるに従って、コーナ入る前の減速もしっかりできてきて、カーブミラーも確認できるようになった。さらにコーナ中は一定低速度の旋回、コーナ出口で加速して直線加速、次のコーナ前で減速といったメリハリのある走行ができてくるようになってきた。よってワインディングも昔のようにそれほど構えずに入っていけるようになって、峠道の面白みが以前より増した気がする。乗車中に、わずかにですが状況把握範囲が広まったように感じる。っていうところでしょうか?
  
  克服すべきは、上記動作の精度やフォーム。精度は出来る限り走行車線のセンター(注1)を走るように心がける、速度が 上がっても狙った位置までに減速、停止がきっちりできるということでしょう。一つ一つの動作を確実に行えるという点でしょう。まだセルフチェックではムラがあるのでそこは自ら振り返りつ自己研鑽でしょう。
 
 「ライスクなんてボッタクリ」とかいう意見も聞いたことがありますが、この手の身体操作が絡む講習やセミナーって、結局、指導してもらって、アドバイスを受けて自分の中でそれらを消化して取り込んでいく過程が絶対必要で、まあ最後は学んだ事を、どれだけ自分の血肉化させることにつきるんじゃないかと思います。やはり雑誌や本の活字情報やDVDの視聴覚情報だけでは、足りないものがあって、個々人で掴み取っていくしかないかなと。そういう意味では「百聞は一見に如かず」行く価値は、お金払ってでも大いにあると思います。
  
  デメリットは
  
   お値段、つまり講習費用が1回平均1万円必要。無論、移動に伴うガス代も食費も別に個人負担です。それと1回20人前後のクラス、 なので、人気の講習(Uターン等)はすぐに予約が一杯になり、なかなか取りにくい。といったところでしょうか? この不況の最中お値段は厳しいですが、上記に書いた意味で行く価値はあると思います。目的にもよりますが、毎回必ず全て出る必要はないと思いますけど。
  
  ライスクは、こんな人に御奨め
  
   バイクに関してライテクに自信がない、リターンライダーでブランク期間が長い。自分の走りって単調だ。コーナが怖いと感じる。いつまでも下手糞ライダーでいたくない。
  
  
  但し、RAS→KRSになって、RAS時代の古参の参加者や講師の方の数も減ったように思います。そのあたりの事情は、RAS→KRSは単なる名称変更だけではなく色々な事情があったようです。つくづく思ったのは、受講回数が浅くて、あまり人間関係ができてなくてある意味よかったかなと。(^^; 
  
  まあライスクも、HMS、SRTT、警察主催のもありますから、各人の予算と時間とライテクにかけられる情熱やら意志で選択かなとも思います。
  
  ちなみに KRS(Kashiwa Riding School)より新規登録・参加はできます。
  柏校長のダジャレ他が受け付けられない人はRA Tokyo(Riding Academy Tokyo)がいいらしいです。

注1.自分が走行している車線内のセンター、路側とセンターラインの中間を走ることの意。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉛温泉 藤三旅館 湯治部に行ってきました

 ずいぶんと更新をさぼっておりました(^^; 10月頭には、左腕を動かせる状況にはなったわけですが、いかんせんしばらく動かしてなかったために、ちょっと動かして見ただけでも、激痛(TT) 神経を擦られるような痛みといいましょうか、たぶん骨折経験後のリハビリ体験がある方には分かって頂けるかと思いますが、まぁとにかく何かと痛い左肩をなんとかしたいのよ(左膝も同様)。ということで1泊でも、2泊(可能な場合)でも温泉に行くべしと思い立ち、10月頭と下旬、そして11月頭の連休に、それぞれ1泊2日づつ2回、11月は2泊3日で1回行ってきました。ちなみに行こうと思って選択した温泉宿の条件は、
  
   そこそこの時間で行ける(電車の時間7時間未満)
   ドアtoドアである(極力歩かずにすむ←左膝の痛い現在重要)
   安い(←コレ重要)
   掛け流しの本物の温泉である(当たり前)
   湯治宿であり、1人でも1泊でも宿泊可能(お二人様からなんぞ論外)
   週末予約が可能(人気の湯治宿は常に予約一杯でとれない(^^; )
   
   でいくつか候補のウチ
   
  酸ヶ湯温泉(遠すぎ、外来客呼びすぎ)
  大沢温泉(宿泊費もよいのですが人気が高く週末に予約がとれない)
  草津温泉(宿泊費高すぎ)

  なので、最終的に鉛温泉藤三旅館 湯治部に決定、泊まってみました行く前にマップルマガジン2号で紹介記事もあったし、ブログ検索、ググって色々と情報は事前に読みましたが、確かに年季の入った旅館ですね。
 
  部屋、廊下の様子は以下の感じ。上から順に本館の1階、2階、離れの2階の部屋でしたが、どの部屋も、中々に味があってよいですw。
  
  A

B

C

_01

_05

_01_2

_03

Photo

  部屋に案内されれば、あとはお布団しくのもセルフサービスで、逆にいうと食事を頼んでない場合は、誰も来ない状態です。つまりサービス最低限、旅館のうるさい仲居さんが嫌いな身としては、これは助かりました。注意すべきところは基本的に部屋に鍵はかかりません。最初に案内された部屋は内側から鍵らしきものはありましたが、2回目以降に案内された部屋にはなし。2回目の部屋には貴重品収納用の小型金庫がありましたが、3回目の際には、もっとなにもない部屋でしたw。臭いがどうのこうのと「じゃらん」のクチコミでは気にされている方もいましたが、確かに一種独特の臭いがします。2回目以降から気づいたのですがこの臭いは、温泉の臭いとあと煙草を吸う人と禁煙の人を分けてないようなので、一部煙草の臭いの残り香アリということでしょうか。いずれにせよ個人的には臭いは気にならないレベルでした。お布団もしかり、シーツは清潔にクリーニングされていて不快感はありませんでした。臭いに関しては、まあ風情といえる範囲ではないかと思われます。そして当初の目的どおりですが、温泉にはじっくり入れました。温泉は、白猿の湯 桂の湯(内湯と露天風呂)河鹿の湯 3つを順番に入りました。撮影禁止だったので、写真は撮ってませんが、Web siteの温泉紹介にあるとおり、3つそれぞれ別々の源泉掛け流しだそうです。鏡、シャワー等あるのは、桂の湯の内湯側と河鹿の湯のみ、白猿の湯は深さ1.2mぐらいで、真ん中下あたりからお湯が噴出しています。ただどこにも書いてないようですが、噴出量と加温処理はされているらしく、入る日や時間によって温度や噴出量が微妙な違いがあります。
 一般的にどうも午後から晩にかけて加温しているらしく、その時間帯は、かなり湯温は熱めで、早朝はそこそこぬるい設定のようです。白猿の湯にいたっては、朝6時ごろ入浴していたら、オバサンが 外から「湯加減どや?」と声かけてきたぐらいです(笑)。白猿の湯は、ちなみに混浴ですが、 女性専用時間帯があるためか、それ以外の時間帯に女性が入っていた、入ってくることはなかったです。加温については、宿側(帳場にいる人)に、温度が低すぎるならば一声かけて下さいといわれたので、宿側でも苦労しているようですね。

 で、泊まってやったことといえば、温泉にじっくり入った。その後は、ゴロンと寝ながら読書(借りた本含めて、溜まっていた本がじっくり読めました。ナニを読んだかは別途にしますw)そして本読みながら、気持ちよくなって寝てしまふww
  
   いやー極楽じゃww
  
  といって寝ても2時間後に目覚めるようにタイマーセットしておいて、2~3時間おきには温泉に入りまくりでした。無論晩は1時半頃が最終としてあとは朝まで寝ましたが、まあ温泉入ったあとは気持ちよく眠れること(爆)
 まじめな話1回の入浴で結構疲れます。宿泊2回目は酔客が多くて夜中も騒がしい環境にも関わらず良く眠れましたw
   
  で温泉の効果といういか、左肩には効きました。日薬効果やプラシボや暖まって血流がよくなったというのもあるかもしれませんが、ぐっと可動範囲も広がり痛みの軽減も体感できました。(左膝にはイマイチでしたが)。さすが本物の温泉は違うなと3回共に感じ入りました。
 で、アレなことというと、さすがに年季の入った木造だけに多人数の移動時には階段はギシギシ、建物のキシミ音も半端ではないです。特にマナーの悪い団体客がいる場合は、ホント困ります。なんせ酔っ払って深夜まで大声で話しているし、酔っ払ってなくてもずーっと喋り捲っているオバハンどもとか、宿側も団体客と1,2人客の泊まり部屋の間は1部屋空けるとか、苦労しているようですが、如何せん壁は薄く音も振動も響くのはある程度やむなしといったところでしょうか。旅館部はそうでもなさそうですが、泊まってないので、よくわかりません。しかしまぁ値段の安さもあるのか、週末泊まった時の印象では、宿泊客は多かったようです。日本語の妖しい中国人やスペインからきましたとかいう女の子もいました(送迎バスで同じだったので、へぇと思った次第ですけど)。ちなみに宿泊費は1泊3980円(週末土日価格、平日は千円安くて2980円)ただ11月から各部屋炬燵が入るので炬燵代1泊あたり450円(灯油ファンヒータに換えてもらうことも可能だそうです)とられます。自炊に必要なカセットコンロは200円(ボンベ1本込み)、入湯税1日70円。しかしまぁ2泊しても1万円未満で泊まれるなんて、まぁ久々にいいのかなぁぐらいのお得感を感じました。というわけでビバ湯治温泉宿!
   
   できれば、年内あと2回ぐらいは行きたいですねw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

復活中??

 先の通院で、とりあえず三角巾外して、痛くない程度に動かしてよし、肩に負担にならない範囲で重いモノも持ってよしとの先生のありがたいお言葉が出ました。先週後半からやっと左足の痛みも若干引いてきましたので、そろそろと自転車乗ったりしてます。無論近所のスーパーやら本屋さんへ行くぐらいですが、ぐっと生活が楽になりました。左腕はハンドルに添えているだけなんですが、ブレーキ操作は支障なし。ほんでもって調子に乗って、本日はTT250R乗ってみました。ウチの近所を低速で走ったのですが、なんとか走れる状況。しか~し帰宅して
ウチの前でターン失敗左に倒してしまいました(^^;; 乗ってる時は、さほどでなかったのですが、起こすのが大変でした。左腕が力入れられない、左足も今ひとつ踏ん張りが利かず悪戦苦闘してモガいてたら、通りすがりのヒトに「大丈夫ですか」と起こすのを手伝って頂いてやっとこ起こせました。ホントありがとうございました。いやーまだ倒した時の事を考えると、これではいけませんね。まだ体が本調子でないことを痛感しました。やっぱバイクは肩の骨がついて、リハビリが本格化するまで自重します(当たり前だ>ヲレ(^^;;)。ただ三角巾外れたことで結構左腕の自由度は上がりました。可動範囲は肩より下の範囲でしか動かせない(それより上は痛くて無理)ですが、じっくり直していくとします。温泉もリハビリ開始後なので、当分はおとなしくせねばw

 バイクの方は、差額も保険屋さんと調整中です。全額見てもらえるといいんですが。目指すはオレンジ色Versysの復活w


| | コメント (3) | トラックバック (0)

その後の現況

 体のほうですが、左足の打撲のほうが、腫れの引きが遅く痛いです(TT) 左肩の骨折のほうは、まぁ動かさなければ、なんとかなるので、左腕が上げられないとか重いもの持てない等はありますが、まったく動かせない訳ではないので、なんとかなってます。ただただ、左足が歩く時に痛いのなんのって(TT) 衝突時にバイクから投げ出される時に左足のふくらはぎ部分を強打したらしく、ふくらはぎ全体が痛いし、腫れてます(最近やっと引きつつありますが)。色は黄色と赤紫色とゆう見た目もグロなので画像UPなんてしませんが、触るだけでも、ウチの猫が飛び越える時におなか擦ったりするときでも痛いです(TT)。この辺り腫れが引いてもう少し楽になれば、肩の骨がついてリハビリとゆー流れになるんでしょうが、そこまでにどれぐらいかかるやら…ってところです。
 バイク(Versys)の方は、24日に整備等お願いしているバイク屋さんに富山からやっと回送されてきたらしく、きょうバイク屋からのTELで知ったのですが、まぁ状況的には後ろと右側のダメージが酷く廃車にせざるを得ないような状況です。もうすぐ1年点検の時期だったというのに本当に残念です。週末には実際に見に行く予定ですが、なんだかなぁ…といゆう近況です。なんというか何をしていても気が晴れないとゆうか鬱鬱としてしまいます。自宅に猫がいるぶん少し助かっている部分はありますが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「狂い」の構造

 公私共に忙しくなってきました。バイクの話題ばかり書いてましたが、日常は、あたりまえですが、バイクばかりではなくてお仕事詰まってきたなーと。あーまー年末だし、出荷来年2月だし、また冬休みなしかな…orz という暗い予想はさておき、最近パラパラ読んでて面白かった本「「狂い」の構造」サブタイトル~人はいかにして狂っていくのか~ 著者は、春日武彦氏と平山夢明氏の対談本。もー著者だけで、個人的に即買い!の本ですww
 1章でいきなり「面倒くさい」が「狂い」のはじまり…いきなり我が身がつまされる思いで読んでしまいました(^^; 最近掃除も怠り勝ちだし、ビリーズブートキャンプも回数減ってきてるし(^^; で、内容は、文章量からみても、よく喋る平山氏のトークに春日氏が応える的な調子で話が進んでいってます。まだすべて読んでませんが、そういえば、そんあ事件あったなと、話題にされる事件は、つい最近のというかまだ記憶に新しいものも多く、狂気とは?について肩肘はらずに気楽に読めて考えさせられます。私的に超お薦め本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Billy's Boot Camp ELITEを始めた理由w

5/14に始めたBilly's Boot Camp ELITE。7/4現在続いてますw やはし2日やって1日休みパターンが概ね定着してきた感じがあります。で、何故に始めたかというと、凄く個人的な事情ですが、実は2年前ぐらいから会社の検診でコレステロール値がひっかかっていて、それ以来、食事量減らしても下がらず、ついには毎日1回コレステロール値を下げる薬を飲んでます(これは今でも同じ)。しかしまあ、これ飲んでて、食事量減らしても、コレステロール値はあまりさがらず。だった訳です。しかも製品出荷前のドタバタとかあると、まぁ純粋に仕事が多忙になると、薬が切れても気にせず3,4ヶ月過ごしてしまったりとかもありました(昨年後半から今年の3月ぐらいまでは特にそうでした)。で、4月中ごろにやっと経過観察(会社の診療センターのね)に行って、ドクターにえらい剣幕で怒られてしまったのが発端だったりします。ドクター曰く「そんなに軽く見てたら、そのうち脳梗塞なり心筋梗塞になるよ!特に心筋梗塞なってなったらアンタ死ぬよ!」「薬は飲まない、運動もしないでは処置のしようがないよ」「運動もやるんだったらほぼ毎日30分以上やらないと、週一回なんて意味ないよ」…「死ぬよ」は効きましたよ(^^;;…てな訳で、そこまで言われたら…う~んなんかやらなあかんなぁと(^^;; 1日30分以上続けてできそうな運動量というと、深夜のCATVのあのShopJAPANのビリーさんのCMを見て、あーこれイイカモとww しかしどうもShopJAPANの1万円オーバー(キャッシュバック抜きで考えた場合ですが)は高いなぁと。で、楽天で検索かけてみると2006年最新版、ビリーバンドも赤色でウエイトも入る仕様のがあるじゃないですか、4月末当時は5月入荷予定の¥8600というのがあったので、迷わずポチっと選択。届いたのが5/10ごろだったと思います。で、ちょうど、そのころ会社でもShopJAPANで買った人がいたので、比較の為に始めてみるかちゅうことで5/14スタート。その人ともども今でも続いてます。やっぱ続いたのは、最初の1週間で3kgぐらい体重が落ちて、次の週にあった血液検査で、コレステロール値がいきなり正常値に入ったことが、嬉しかったからですね。おーやれば効果絶大って感じで、次の週からは体重の落ち方はゆるやかでしたが、ジワジワ下がって現在は元々始める前の体重から5kgダウン達成しました。目標値まであと3kgなんですが、体重どうこうより、普段デスクワークが多いので、運動不足解消と言う点ではそれそれはイイと思います。 他にも色々ありますが、運動不足を感じている人には、激しくお勧めですw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

屋根裏に誰かいるんですよ

  さて(ナニがさてだ!)というひとりツッコミはおいといて、最近の仕事は色々ストレスがたまります。ジワジワたまっていくとゆー、なんちゅうか人は減らされ、ファイルはたまり、されどお客からのお仕事は減らずとゆう・・・まぁなんとかしのげる範囲かなという微妙なバランス上の生活な最近です。ここ読みにきておられる奇特な方々は、いかがお過ごしでしょうか?
      
   とまぁこういう生活の中でも本は忘れずにボチボチ乱読です。で、最近読んだ本の中で一等面白かった本をいくつか。タイトルに引かれて読み出した本で、
   
   「屋根裏に誰かいるんですよ」 春日武彦著 河出書房新社
   
   これは 同じ著者で
   
   「家屋と妄想の精神病理」 春日武彦著 (2002)河出書房新社    
   
   があって、後者の方が増補改定版なので、内容的にもお得。しかしながらハードカバー→ソフトカバー、タイトルがより直裁的になったせいか、内容は同じ(部分が大半)とはいえ「屋根裏~」より手にしたときのインパクトが新しい「屋と妄想の精神病理」には今ひとつ欠ける気が。ま、外観的にはそれぐらいで、中身は私の好きなサイコさんネタが満載。他はまったく普通なのだけれども、一歩家の中に入ると「ゴミだらけのゴミ屋敷だったり、落書きやビラで結界を作り上げている部屋、家具調度でバリケードを築いた屋内、天井板がはずされていたり木刀で天井を突き上げた跡が残っている」家というのは「一種の妄想濃縮装置として機能」しているのだなぁという著者の意見に激しく同意w 
    また、「同居している家族が、赤の他人に入れ替わったような気がする」とか、小説ネタに使えそうなネタともいえる妄想もあって、全篇興味深く読めました。家の中が個人の頭の中を反映するというか、投影されていくというのは、我が身、我家の屋内を振り返り見て気恥ずかしくなりますた(^^; 掃除して不用品捨てなきゃトカ。これも、違和感感じてないのは本人だけで、誰か5,6人友達なり友人に押しかけられたら、あわててお掃除になることは必定。いやほんとに外界と家の中の空間は、不連続な気がする最近です。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエット用器具考

 TVショッピングで繰り返し見るいわゆるダイエットなりトレーニング機器があるのだけど、あれは結局効果があるのだろうか?と度々疑問に思う。まぁ大概の購入者飽きてしまって、継続できずに埃被る事になっていると思う。
実は、使用し続けることによって、必ずダイエットにつながるという定番的な器具が探せばあるのかもしれないのだけど、寡聞にして聞かない。また器具も機械である以上長期間使っているうちに「壊れた」があるのではないか。それならば、地道に器具なんぞ使うより、寝る前のヒンズースクワット100回とか、腹筋100回のほうが、つまり自分の体を器具なんぞ使わずに動かすほうが、よほど経済的かつ効果的で、継続しているのなら効果もでるのではないかと思う。うーにゅ、なんか器具買った人の出鼻くじくような気がしてしまった。スマソ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しく(5/26)

早く帰宅できたものの・・・
  寝てしまったではないか!>ヲレ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)