映画・テレビ

ちびまるこちゃんが実写版になっているとわ!


 ちびまるこちゃん(実写版)

 あまりのキャスティングのうまさに笑いがとまりませんwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノセンス

 これまたCATVの日本映画専門チャンネルで昼間流してた押井守監督作品「イノセンス」なんとなく見てましたが、なるほど大塚英志が以前(どこで読んだか失念(^^;)「ウケなかったのはストーリー性がなく、面白くない(大意)」とか書いてたのを思い出しました。そこそこ色々見せ場を詰め込んだ努力も凝ったCG他の映像効果もいいんですが、いまひとつおもしろくない、むしろ前作の攻殻機動隊のほうがまだよかったのかなと思える出来に思えました。ただこの後に流れた押井守のインタビューで、それほど芸術を意識して作っているわけではなくて、できればもう一回見てもらいたくなるような映画つくりを目指すようなことを言っていたのが印象的。芸術作品的なノリというか変に意識して作られた作品って、意外と駄作だったりするので、そうでない作りの作品(イノセンスはだいぶ寄りかもしれいけど)が個人的には、好きなので押井監督の発言にはちょっと安心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーロン・ブランド

 そういえば昨年7月に亡くなったんだったな~とムービープラスの特集観て思い出しました。「ゴッドファーザー」は何よりもアルパチーノのが若くて懐かしい(^^ ジェームス・デュバルは「地獄の黙示録」の騎兵隊のキルゴア大尉役が私的には好き。マーロン・ブランドは、あのかすれ声でセリフがイマイチ聞き取りが困難である気がする。ただあの演技はとてもイイ。ソニー・コルレオーネの亡骸の修復を葬儀屋に依頼するシーンの表情は初回見たときから覚えている。記憶に残る名演技というべきなのだろうか。(^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

24H(シーズン2)中盤だ

 核爆弾の時限装置が解除できないので砂漠で爆破なんてアメリカ的な発想なシナリオ。日本じゃ海以外選択肢はありえません(^^; しかし次は戦争勃発防止へと話は流れていくとは思わなかった。さらに結末楽しみ(^^
(以上FOXでの話し)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

24H(シーズン2)

 忙しい時に「1日は24Hあるんです」などと言われると逆ギレしたくなりますが、先日CATVのFOXで流していたTVドラマ「24H」、なんとなく録画して晩にボチボチ見てましたが、おもしろい!ハマってしまいました。24H以内にロスにテロリストが持ち込んだ核爆弾を爆発させようつするのを阻止しようすとする連邦保安官とそれをめぐる各部署の状況が急展開で引き込まれてしまいました。結局は阻止するんだろうけど、結末が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覚え書的に録画番組CATV

 ・ヒストリーチャンネルのフランス革命関連番組(録画したはず)
 
 ・時代劇専門チャンネルの盤額の一生(5/8と5/15にまとめて)
 
 ・キッズステーションのウルトラセンブン全話…の予定だったが
  1~7話まで録画忘れていた(^^;
  
 ・スーパーチャンネルのスタトレ関連…今回は見送り
  (ウルトラセブンとぶつかった…(TT))
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドン・ジョンソン

 やっと正月にAXNで一気に流していた「マイアミ・バイス」#1シーズンを晩飯食いながら見れた。さすが80年代めっちゃ懐かしい(^^; ドン・ジョンソンはシワがなく若いし、最近の刑事ナッシュ・ブリッジスを見ると時間の経過がよくわかる。私的には「ハーレーダビッドソン・マルボロマン」で演じた髯面のカウボーイもよかったんだが。しかしマイアミバイスのCVは隆大介だったが、ナッシュの時は大山のぶ代ですか(^^;いやどっちもあってるのでイイんですが。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

しまった「KILLERSキラーズ」録画し忘れた・・・

 本日の心残り(^^; 押井監督の実写「KILLERSキラーズ」録画し忘れ(TT) 途中から見たのだけど、以前にあった、わけのわからなさや前衛っぽさも少なかったので、全体としては私的には良と思う。しかしアクションは先が読めてイマイチ。 もう一つ心残りは、CHANNEL NECOが11月はこの1回、しか流さないことかな。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラQ

 リメイク版が深夜TVで放映中だったとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日の報道スペシャルある脱北者

 晩飯の準備しながらなんとなく見てしまった。いつもながら思うのだが、なんであの北のクソ体制に反抗するヤツが出てこないのかまったく歯がゆい、もっともいるけどすぐに反逆の目がつみとられてしまうのかもしれないけども。
 帰国事業で北に帰ったものの、住宅はボロボロ、食料配給は止まり父親は栄養失調で死亡、紆余曲折の末に脱北し、日本に47年ぶり帰国すれど母にも会ってもらえずと、この人の人生は悲惨であった。もっとも生きて日本に来れたということが「幸運」なのかもしれないが。
 北の国の崩壊を切に願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧