3DCG

鉛温泉 藤三旅館 湯治部に行ってきました

 ずいぶんと更新をさぼっておりました(^^; 10月頭には、左腕を動かせる状況にはなったわけですが、いかんせんしばらく動かしてなかったために、ちょっと動かして見ただけでも、激痛(TT) 神経を擦られるような痛みといいましょうか、たぶん骨折経験後のリハビリ体験がある方には分かって頂けるかと思いますが、まぁとにかく何かと痛い左肩をなんとかしたいのよ(左膝も同様)。ということで1泊でも、2泊(可能な場合)でも温泉に行くべしと思い立ち、10月頭と下旬、そして11月頭の連休に、それぞれ1泊2日づつ2回、11月は2泊3日で1回行ってきました。ちなみに行こうと思って選択した温泉宿の条件は、
  
   そこそこの時間で行ける(電車の時間7時間未満)
   ドアtoドアである(極力歩かずにすむ←左膝の痛い現在重要)
   安い(←コレ重要)
   掛け流しの本物の温泉である(当たり前)
   湯治宿であり、1人でも1泊でも宿泊可能(お二人様からなんぞ論外)
   週末予約が可能(人気の湯治宿は常に予約一杯でとれない(^^; )
   
   でいくつか候補のウチ
   
  酸ヶ湯温泉(遠すぎ、外来客呼びすぎ)
  大沢温泉(宿泊費もよいのですが人気が高く週末に予約がとれない)
  草津温泉(宿泊費高すぎ)

  なので、最終的に鉛温泉藤三旅館 湯治部に決定、泊まってみました行く前にマップルマガジン2号で紹介記事もあったし、ブログ検索、ググって色々と情報は事前に読みましたが、確かに年季の入った旅館ですね。
 
  部屋、廊下の様子は以下の感じ。上から順に本館の1階、2階、離れの2階の部屋でしたが、どの部屋も、中々に味があってよいですw。
  
  A

B

C

_01

_05

_01_2

_03

Photo

  部屋に案内されれば、あとはお布団しくのもセルフサービスで、逆にいうと食事を頼んでない場合は、誰も来ない状態です。つまりサービス最低限、旅館のうるさい仲居さんが嫌いな身としては、これは助かりました。注意すべきところは基本的に部屋に鍵はかかりません。最初に案内された部屋は内側から鍵らしきものはありましたが、2回目以降に案内された部屋にはなし。2回目の部屋には貴重品収納用の小型金庫がありましたが、3回目の際には、もっとなにもない部屋でしたw。臭いがどうのこうのと「じゃらん」のクチコミでは気にされている方もいましたが、確かに一種独特の臭いがします。2回目以降から気づいたのですがこの臭いは、温泉の臭いとあと煙草を吸う人と禁煙の人を分けてないようなので、一部煙草の臭いの残り香アリということでしょうか。いずれにせよ個人的には臭いは気にならないレベルでした。お布団もしかり、シーツは清潔にクリーニングされていて不快感はありませんでした。臭いに関しては、まあ風情といえる範囲ではないかと思われます。そして当初の目的どおりですが、温泉にはじっくり入れました。温泉は、白猿の湯 桂の湯(内湯と露天風呂)河鹿の湯 3つを順番に入りました。撮影禁止だったので、写真は撮ってませんが、Web siteの温泉紹介にあるとおり、3つそれぞれ別々の源泉掛け流しだそうです。鏡、シャワー等あるのは、桂の湯の内湯側と河鹿の湯のみ、白猿の湯は深さ1.2mぐらいで、真ん中下あたりからお湯が噴出しています。ただどこにも書いてないようですが、噴出量と加温処理はされているらしく、入る日や時間によって温度や噴出量が微妙な違いがあります。
 一般的にどうも午後から晩にかけて加温しているらしく、その時間帯は、かなり湯温は熱めで、早朝はそこそこぬるい設定のようです。白猿の湯にいたっては、朝6時ごろ入浴していたら、オバサンが 外から「湯加減どや?」と声かけてきたぐらいです(笑)。白猿の湯は、ちなみに混浴ですが、 女性専用時間帯があるためか、それ以外の時間帯に女性が入っていた、入ってくることはなかったです。加温については、宿側(帳場にいる人)に、温度が低すぎるならば一声かけて下さいといわれたので、宿側でも苦労しているようですね。

 で、泊まってやったことといえば、温泉にじっくり入った。その後は、ゴロンと寝ながら読書(借りた本含めて、溜まっていた本がじっくり読めました。ナニを読んだかは別途にしますw)そして本読みながら、気持ちよくなって寝てしまふww
  
   いやー極楽じゃww
  
  といって寝ても2時間後に目覚めるようにタイマーセットしておいて、2~3時間おきには温泉に入りまくりでした。無論晩は1時半頃が最終としてあとは朝まで寝ましたが、まあ温泉入ったあとは気持ちよく眠れること(爆)
 まじめな話1回の入浴で結構疲れます。宿泊2回目は酔客が多くて夜中も騒がしい環境にも関わらず良く眠れましたw
   
  で温泉の効果といういか、左肩には効きました。日薬効果やプラシボや暖まって血流がよくなったというのもあるかもしれませんが、ぐっと可動範囲も広がり痛みの軽減も体感できました。(左膝にはイマイチでしたが)。さすが本物の温泉は違うなと3回共に感じ入りました。
 で、アレなことというと、さすがに年季の入った木造だけに多人数の移動時には階段はギシギシ、建物のキシミ音も半端ではないです。特にマナーの悪い団体客がいる場合は、ホント困ります。なんせ酔っ払って深夜まで大声で話しているし、酔っ払ってなくてもずーっと喋り捲っているオバハンどもとか、宿側も団体客と1,2人客の泊まり部屋の間は1部屋空けるとか、苦労しているようですが、如何せん壁は薄く音も振動も響くのはある程度やむなしといったところでしょうか。旅館部はそうでもなさそうですが、泊まってないので、よくわかりません。しかしまぁ値段の安さもあるのか、週末泊まった時の印象では、宿泊客は多かったようです。日本語の妖しい中国人やスペインからきましたとかいう女の子もいました(送迎バスで同じだったので、へぇと思った次第ですけど)。ちなみに宿泊費は1泊3980円(週末土日価格、平日は千円安くて2980円)ただ11月から各部屋炬燵が入るので炬燵代1泊あたり450円(灯油ファンヒータに換えてもらうことも可能だそうです)とられます。自炊に必要なカセットコンロは200円(ボンベ1本込み)、入湯税1日70円。しかしまぁ2泊しても1万円未満で泊まれるなんて、まぁ久々にいいのかなぁぐらいのお得感を感じました。というわけでビバ湯治温泉宿!
   
   できれば、年内あと2回ぐらいは行きたいですねw

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DoGA・CGアニメコンテスト 20th 行ってきました(東京会場)

 今年も行ってきましたDoGA CGアニメコンテスト20th 場所はいつもの中野ゼロホール。AM9時過ぎ会場着で入場整理券B-066GETできました。個人的感想を最初に書いてしまうと、今年はイマイチこう琴線に響くというか、おもしろみ、新規性が感じられないような気がしました。つまり過去にどこかで見たことあるな感が感じられました。無論全般的にクオリティは高いですよ。でもあのダークサイド部門さえイマイチ感がぬぐえない寂しい状況に思えましたね。後半の特別上映会の「ひき子」も良いとは思うんですが、前日の晩に「新耳袋」を見ていた私としましては、怖い感が鈍っていたのか怖さはイマイチでした。で、あと作品にアニマスないなぁと思ってたらどうやらかなり昔にアニマスが国内撤退したとかで、作品も減ったとか。C4D,LW3D,XSI、Photoshop、FLASHが定番のようでした。私的に収穫だったのは、「PERSONAL CGアニメ The BEST]という過去19回までの秀作集(DVD2枚組)が頒布されていたこと、あと無料で配布されていた、知的財産権啓発パンフレット「コレだけは知っておこう クリエイターのための法律と契約の知識」が著作権他わかりやすく解説されていて参考になりました。コンテストというお祭りの側面は無論あるわけで、会場でメテオールさんのテーマ聴いただけでDoGAに来たなぁと感じます。あと久々にミリオンさんにお会いできてよかった。偶然にも会場のドアのところで遭遇wwこれはよかったです。ほんとに、リアルでお会いするのは1年ぶりですねぃw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DoGA CGアニメコンテスト(東京会場)へ行ってきました

 今年も行ってきましたDoGA CGアニメコンテスト東京上映会。DoGAとはなんぞや?はリンクをたどって頂くとして、お天気も良好、場所もいつもの中野ゼロホールで、今回特に先行して到着されていたミリオンさん、いろいろとありがとうございましたm(__)m 1年ぶりでしたが、おかわりなく何よりです(^^)14時すぎで別件で中座されたのは残念でしたが、あの後以下のようなことがありましたw

 1.ハルヲ完売!(作家市)
    ミリオンさん引き上げられた直後でしたが完売されてました。アオキタクト氏は嬉しそうにこれで友人の御祝儀が包める(全部千円札だけど)と喜んでおられました。かまた氏も後程会場内で通知されてましたw
   
 2.表彰式がエア表彰式に…(^^;
 
   かまた氏が「悲しいお知らせです」の一言の後に表彰状と賞金を大阪に忘れてきた為、エア表彰式とします旨発表。会場内は一時大ウケでしたw
  (まあそういういこともあるでしょう(^^;;)
   
   入選作品の表彰式は6人壇上におられましたが、佳作入選作の表彰式はKAN氏と宍戸氏の2名のみで(本当はもう一名出席予定であったのが急遽欠席となったらしい)前半に比較すると少し寂しい感がありました。
   
 3.会場審査特別賞
 
   例の拍手君のシステムの集計結果ですが、1位は外伝大賞の「真実の口さん」2位は、「むきだしの光子」でした。「真実の口さん」はかまた氏がちらっと言われてましたが、入選してもよかったのかも、と思えるクオリティだと私も思いましたね。
 
 4.来年は
 
   20周年だそうなので、何か新企画を立ち上げたい旨をかまた氏が述べられていました。「エロ部門の開設」の声もあったそうですが、これは却下w 海外からの参加者も含む門戸を広げる?また、外国(中国、韓国、フランス、カナダ等)に対してチームを組んで対決するという企画がいいかなっぽい(すみません、ここは正確に聞き取れてないので表現に誤りがあるかもしれません)趣旨のことを述べられていました。
   20周年ということは、中々歴史あるイベントだなぁと、これが始まった頃はまだ自分は学生だったし、PCの進化を思うと隔世の感がしますね。
  
   で、来年も5/5(東京)中野ゼロホールで開催予定であるそうです。また来年もできればお会いしませう(^^)>ミリオンさん(くーるんさんも、もし所用で近隣におられることがありましたら御一緒したいですね(^^)
    
 最後に、全体を通しての感想ですが、昨年のミリオンさんの感想と同じく、もう少しパワーが欲しいというところでしょうか?外伝はこれから見ますが、会場で見た分については、私的には?と感じた作品もありました。
  
  Tatekanban


L_zero_f15

これにて私的GW参加イベント(最も5月はこれしかないんですが(^^;)は終了w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DoGA CGAコンテスト(第18回)感想

 5/3に東京会場の中野ゼロホールに行ってきました。

_igp0032


  毎度ながらの黄色ハッピ着用スタフの皆様です。御苦労様です。m(__)m 今回は、昨年御一緒したくーるんさんは関西に引越し、ミリオンさんは別件で合えず、一人でひたってまいりましたw
  さて内容の感想は、細かく書くとネタバレになるので、大阪会場の5/7が終了した頃に追記しますが、代表のかまた ゆたか氏が言われた通り、入賞作は、2DでFlashで作成という作品が多かったです。3D好きな私としては少し寂しい限りですが、アニマス、LW3D、3dMAX制作作品の入選作ももちろんありました。メテオールさんの作品は主ソフトLW3Dですし、なにより見ると「あぁDoGAのCGAに来たな~」と実感できます。w またテーマ性を掘り下げた、追求した、視聴後余韻を残す入賞・入選作品も多かったです。作り手に女性が増えたということも印象的でした。ただ少し残念なのは、明らかにこれは!おもしろい(笑えるという意味で)というのも少なかった感があります(例年比較という意味で)。とはいえ、どの作品も、クオリティは素晴らしく創作意欲マインドに火がつく内容でした。
 後半の特別上映会で3作見れたのもよかった。中野ゼロが17時までが昼の部で、それ以降が夜の部で別料金となるということは、今回初めて知りました(^^;
 また来年も、東京会場は、中野ゼロホールで開催予定であるそうです。とにかくまた色々な意味で励みになりました。DoGA CGAコンテストに多謝!

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

データの移動他

 メタセコ→Cinema4D(以下C4Dと略)にはobj形式で保存して持っていけば、メタセコでのイメージが再現できることを、最近MAXONさんのWebで発見(←今頃かいな(^^;) C4Dは、年末にHAIRモジュールやらFinalRendarStage2購入してしまったので後には引けません(笑)レンダリングはFinalRendarStage2で画期的に高速化できているようで大満足。ただHAIRモジュールはそのままではレンダリングされない、生成で3角ポリゴン等指定しないとレンダリングされないようです。しかし毛が簡単に作れて加工できるのはいいですね。

runataso_mohi01 メタセコで作ったルナタソにモヒカン風にHAIRモジュールで髪の毛つけてみました。イメージはC4Dでのレンダリング結果です。ライティング等も実は本とマニュアル見ながらやってまつ。ルナタソにはくーるんさんいつもお世話になってます。ありがとうございます。もしも読まれていたらここにて感謝の意を表明しておきますです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末に引き続き

 メタセコのデータをlwo形式にして出力、LW3Dでぼちぼちいじっています。しかし簡単なオブジェクツはShadeのほうが使い慣れているせいか以外と作りやすいです(私的には)。

2006_NENGA_P1_runataso_B 賀正はテキストエフェクタ、あとはオブジェクトの組み合わせと(耳は作りました)、表面材質を金色&銀色ぽく仕上げて、コピー、ペースト。背景は、青色で雲も入れてあります。(使用ツールは、ShadeR8) 口の部分はテクスチャ作って貼りました。張り込み方忘れてあれやこれや試行錯誤してたりしましたが(笑)。

でLW3Dは

runataso_testlw サブパッチ状態にして保存出力してみたのですが、まだなんかカクカク感があってイマイチ。色々やりようがあるようなので、再度作ってみます。しかし本やらWebサイトみつつ思い出しながらやってますが、3Dは面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょこまかと

 LW3Dとメタセコイヤいったりきたりで、思い出す意味もかねてモデリング。
ただちょっと今回はくーるんさんところのキャラ
をベースにやっているので、ちょっと緊張してます(嘘です(ヲ(^^;)。るなタソ&あかあかまるサンは、不遜にも簡単そう
などと思ってはじめたわけですが、以外と苦戦してます。目と表情をオブジェクトで作りこんでひっつける
か、マップで貼り付けるか。どっちかというと前者のセンで考えてます。その方が後々楽かなトカ。
 meka_akamaru

とメカ系の壁紙でテクスチャ貼ると、なんだかおどろおどろしいというか、訳分かりません。

 完成版は、顔部分について、球体から楕円球に変更しました。

runa_taso_r01

 目はオブジェクトにして、口のラインはテクスチャで張りました。テクスチャでなく、顔部分のオブジェクトを
2分割にしてもよかったのかも。(^^ 分離版は別途作成します。

 >作ってみましたw

runa_taso_OP02 顔部分のオブジェクトを2分割し、端の角を丸めてみました。それっぽくなったかな(^^;; 口の辺り、つまり内側は赤いテクスチャ貼ってます。

runa_taso_CL0 口閉じた版です(^^;

 作成ツールは、モデリング、レンダー共にメタセコイアでやってます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)