« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

RA東京のトライカーナ講習(5/23)とシート変更

 先週5/23に、ライディングアカデミー東京のトライカーナ講習に参加してきました。1日雨の中、路面は始終ウェットでしたが、そこそこ安定して走れました。トライカーナとは、リンク先にあるように、15m×25m四方のパイロンを8の字に2周回ってタイム測定なのですが、なかなかこれが難しい。特に雨ということもあって、初回は62秒(TT)ZZR1400でのトライカーナ、昨年8月のKRSの分、1/23のRA東京の参加から数えて3回目。しかし初回計測のあまりのタイムの悪さに呆然としてしまいましたが、気を取り直して、講習内容に集中。講習内容は、最初はアイドリングスタート程度の速度でセルフステアを生かして曲がる。ライン取りを正確に実施。つまりコーナ手前は大きく入ってコーナアウトは小さく出る。実際に佐川先生と立石先生の後を追走するのですが、雨ならではなのか、路面がウェットなので、前走車の軌跡が路面に残って、追走が非常に楽でした。と、同時に自分がコーナアウトで大回りしているということが明確にわかった次第。この後、コーナリングにリヤブレーキ踏みつつアクセルを開ける、リヤのパワー制御を追加してコーナリング、この時点で既にコーナイン時にリーンアウトっぽく入ってましたが、この後フォームが追加でリーンアウトでコーナイン、リーンインでコーナアウトという流れでした。後半かなりスムーズに各動作がなってきたものの、まだまだコーナ出口で大回り(^^;

T_01

T_02

T

もっと意識的、意図的にハンドルを切って積極的に曲げたほうがよさそうです。シート荷重のお陰で、リーンアウトは、以前より安定してできたような(^^ また、リヤのパワー制御はかなり安定してできたかな~と。リヤのパワー制御の業は低速でノッッキングしそうな場合でも使えるのと、なにより低速コーナリングが安定するのが見えてきたのが個人的にはよかったかなと。最後にタイム計測がありますが、この日は9秒短縮の53秒。加速減速のメリハリとコーナアウト時の大回りを解決できればもう少しイケそうというところでこの日は終了。
 追加すると、シートをDr.SUDAさんKAITEKIシートに換装(この日は、シート張替え依頼中につきSUDAさんの御好意により代品を借用)して行ったのですが、このシート非常によいです。雨の日、レインウェア着てリーンアウトの姿勢時でも急ブレーキ時でもシートがしっかりレインウェアをグリップして、ノーマルシートのように滑るということがなく、雨の中でもライディングに集中できました。この日の後(晴れた日に)Gパン、革パンでも試して見ましたが、ノーマルに比べて確実に滑りにくくなってます。ウェアに依存せずシートが滑りにくくなったのは、シート荷重を決める上でも非常に助かります。とにかく、ブレーキングで腰がずれる(特にGパンで)というのが激減したのが良いです。個人的にシートを滑りにくいのにしたいと思ってる人に御奨め。ZZR1400の場合税込み¥22,050。1400GTR等は+¥3,000だそうです。
K01

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セロー250増車

 時系列的には2月末に納車して、慣らしとライスク(KRSとRA東京)に参加して、先のGWの前半には「朝霧高原トレックランド」に走りに行ったという状況でまだ走行距離900kmちょいなセロー250です。年式は2008年FI仕様。2010モデルよか個人的には、08の緑が気に入っているので、メーカ残在庫5,6台の時点でショップにお願いしました。しかし型落ちでも10万ぐらいの値引きのみなのね(^^;
 Photo

Photo_2

 カスタムは、純正キャリア、サイドバッグサポート、ブッシュガード(安いほうねw)と
01

02

 ノーマルステップは、単車屋さんのワイドステップに変更。スタンディングが楽で安心感もあります。
プラグもノーマルのNGKからデンソーのイリジウムプラグに変更。納車後ほぼ直ぐに変更したので、特にこれといった変化は感じません。FIのお陰で寒い間も始動性は良好!テールランプはTT250Rのタマ切れの記憶が
あって、LED化。噂どおりテールライトカバー外すのに30分かかりました。いいバイクなのですが、TT250Rに比べて整備性極悪なところがチラホラありますね。ドレボルト径も12mmでガチガチに硬かったのもマイナスポイント。 ノーマルバルブを
Tl
マツシマのLEDへ換装
Tlled
 ガレ場走行に備えてアンダーガードも追加
Photo_4

 フロントもPIAAの高効率バルブに変更済み。しかし困ったのがサイドバッグサポート追加したことによって、ヘルメットホルダーにヘルメットのDリングが届かない・・・といゆう問題が。そこでヘルメットホルダーで検索かけているとNAPSのヘルメットロックエクステンションなるものが
Photo_3
ヘルメットのDリングに通して
Ex
 セローで出かける場合はヘルメットロックエクステンションを忘れずにとなりますが、あると便利ですね。
あとは、回転数を知りたいということで、DAYTONAのデジタコを追加しました。
Photo_5
 点火プラグコードからパルスをピックアップする形式のもの。これで慣らし中も、高速道路走行時も助かりました。アイドリングは温間時に1400回転に合わせたつもりなのですが、周囲温度が寒いと1300rpm、暑いと1500rpm前後に変動するようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ZZRで初膝擦り(RA東京)

 またまた、お仕事年度末多忙につき書き込みに間があいてしまいました(^^; ライディングアカデミー東京(以下RA東京と略)の、5/4の「大江戸膝擦屋」と5/5の「コーナリングサイエンスステージ3」に参加してきました。コーナリングサイエンスは別にしますが、今回の大江戸膝擦屋の成果は、初めてZZR1400で左側の膝擦りできましたよ!

2010_05_04_zzr_left01

ちなみに参加前にニースライダーも変更
Photo

そして膝擦屋の参加後

Hizasuri

 練習用のAPE100でも以前は不安定だった右側も安定して膝擦りできました。ここにいたるキーとしてはシート荷重が見えてきたことでした。ハングオフの場合は膝でしっかりシート荷重してバンキング、腰をしっかりオフセットして膝を出せば擦れた!という感じです。文章にすると簡単なようですが、個人的にはシート荷重で安定したバンキングができたこと、それなりのコーナリングスピードに持っていけたことが成功要因だったと思います(以上メモ的に記録)。

 以下は、「大江戸膝擦屋」の講習内容について追記。RA東京のユニーク講習である「大江戸膝擦屋」は、これまでバイクで膝擦りをしたことがない人がヒザスリをできるよう体験しましょうという企画(だそう)です。講習内容は、まずは受講生にハングオフの意義や意味は何かという質疑応答を2,3分受講生と佐川先生と交わした後に、各自の車両(停車した状態で)で乗車してハングオフフォームの練習。ここで腰をズラす、頭はセンター、膝は横ではなく、曲がる方向の斜め前、つまり重心は斜め前ということで、佐川先生や講師の方からフォームチェックと修正があります。この後コースに出て完熟走行(外周を2,3周走行)後、スタンディングで左右のステップワークでS字スラローム走行、次に座って腰を大きく左右にずらして同じくS字スラローム走行。これを数周走行後、受講生を2チームに分けて、1チームは練習用のAPE100で、1人ずつ8の字走行で、ハングオフフォームで膝擦りを実施。もう1チームは、自車両でほぼ楕円の外周コースでハングオフフォームの確認走行なのですが、ここで自車両で膝擦りしようと頑張る人が多いので、実際はここで膝擦りできる人は膝擦りを実施。実際は中々難しいので、APE100で膝擦りできてから、自車両で膝擦りが一般的です。この練習、参加人数によりますが大体10~15分交代で2回実施。公式発表の「膝擦り達成100%」はここのAPE100での膝擦りを主としてカウント。まぁここでの練習はなんというか、いつでも受講生も佐川先生も事務局のMさんもテンション高いですw
 ちなみに自分の参加履歴(達成度)でいうと
 1回目 APEでも膝擦りできず(TT)敗退
 2回目 APEでやっと左側のみ膝擦り達成
 3回目 APEでやっと左右膝擦り達成。左は安定してできるが、右は一瞬しかできていない。
 4回目 APEで左右膝擦り達成。左は安定。右は腰のズラしやバンキングが不安定ながらなんとか膝擦り。
     右はまた、ライン取りも不安定でした。
 5回目(5/4) やっとZZR1400で左側膝擦り達成! APEでは左右、ライン取り共にも安定して膝擦りできました!
という具合。自分は、不器用なので5回も参加でここまでですが、器用な人、カンのいい人なら1回でAPEはもとより自車両で膝擦りしてしまっています。
 ちなみにAPE100は
 Ape02

 ほんでもって8の字走行なので、まず左旋回

Ape04

次に右旋回

Ape05

 佐川先生から講評を受けて終了という流れ。ここで初めて膝擦りできた人は大概笑顔で、見てる人からは
拍手となります(^^

 Ape01

 4回目の参加までは、シート荷重を意識せずにAPEでも走ってましたが、今回はシート荷重を意識して、太ももでシートに荷重が入ったことを体感。これによって、上体が以前よりリラックスできて、安定したコーナリングとバンキングでAPEでも安定して膝擦りできました。ちなみにAPEではコーナリング中ほぼ膝擦り状態(^^でした。


 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »