« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

雑記 メモ的に記録

 年度末もあり、本業も忙しいさなか、ライディングアカデミー東京も1月は(昨日の1/23も含めて)行けました。(^^ライスク猿状態ですが、人間側の技術上げとかないと、マズイなぁと大型取得以来そう思ってます。
以下、4月中までににやりたいこと、やらないとまずい事他予定。

 ・VERSYSのオイル交換
    昨年夏に交換して依頼、そのまま・・・(^^;;

 ・ZZR1400のバーハン→ノーマルセパハン+追加ナビステー工事
  これはSHOPに依頼。2/13以降実施予定。
  ツーリングのみ使用ならばこのままでもよいのですが、ライディングポジションについて、最近色々考えるにやはり元に戻すかな~と。

 ・ZZR1400のオイル交換
  3000km交換してから現在の走行距離約5200km、6000km前後でオイルフィルタ毎交換

 ・PCのモニタ(液晶ディスプレイ)の大型化  
 現状の19インチから23か27インチへ(換えたいなぁという願望です)(^^;

 ・セロー250(08モデル)増車でオフ車復活!
  2月末の08モデルの在庫状況と実売価格が気になります。
  昔は寺崎勉氏の野宿ライダー指向だったヲレですw 今はそれほどでもないですがテント・シェラフの
  夏冬用は健在。
  
 ・デジカメ(デジタル1眼)追加
  無論、実売価格と自分のお財布状況によります(TT)

 ・大掃除 
  結局年末に中途半端で終わってしまった、自宅内大掃除の続行
  BOOKOFFに10箱売りもやらないと、またしても本がじわじわと床占拠中(TT)

 ・通勤自転車メンテ
  チェーン注油+タイヤ空気圧チェック

 ・ライスクのスケジューリング(^^;
  一月単位で見直しです。

 ・昨年左肩のリハビリに行った温泉へ一泊
  いついけるのだろう・・・(謎)


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トミンサーキット2回目(RA東京新春初走り!参加 1/11)

 ライディングアカデミー東京の「新春初走り!今年はさらに華麗なるライディングへ!」 へ参加してきました。場所はトミンサーキットのBコース。今回は、「オーダーカリキュラム」つまり参加者各人が明確なテーマを設定し、それを1日で達成出来るようにトレーニングしていくというもの。各人が事前に練習課題を設定して事前に事務局に練習課題を送付するという斬新な企画でした。昨年のトミンのリベンジも兼ねて、私は、下記の3目標を設定。
 
 1.直線加速後のブレーキングとブレーキリリースと同時の倒しこみ、
  向き変え、立ち上がり加速の一連のコーナリング。
 2.目線の先送り
 3.走行ラインの正確さと狙ったライン上の走行(ライントレース精度向上)

 全然当たり前のことなのですが、昨年はさっぱりできていなかった事を集中的に、特に高速コーナリングを主眼において練習したいと思ったわけです。集合はAM10時にトミン近くのココスに集合し、佐川校長よりレクチャー。その後、サーキット走行経験も豊富なハイレベルのMクラスと初心者及び低速から徐々に速度を上げてじっくり練習するというSクラス(初心者及び初参加者主体でしょうか)にクラス分け、無論私はSクラス、参加人数は総勢20名前後でした。ここでテーマ設定をされてなかった方もその場で練習課題を決めておられました(事務局のMさんに「ブチ抜きですか?」等といわれている方もチラホラ(^^;)トミンでの練習開始は12時30頃でした。いつもの車両の走行準備、ストレッチ、フォーム確認、コースを全員歩いて確認(森先生が各コーナやコースにおける視線や走行ポイントの解説のあと実走行。 Mクラス、Sクラス共に1本30分で3本走行です。最初は雪もわずかにちらつくぐらい寒い日でしたので、最初の数週はウォームアップでその後は徐々に課題に集中するという流れでした。1本毎に佐川校長と森先生が交互に各チームと同時に走行、あるいは、各人の先を走行して、ライン・フォームに注意喚起や途中で退避コーナに入ってワンポイントアドバイスありという流れ。1本目は体がガチガチで上体に力が入ってしまい、イマイチ(^^;。但し、コーナインでの倒しこみ、ライン取りは意識して走行。若干目線が下で遅れ気味。1本目の途中で、佐川校長に受けたアドバイスにも「目線が少し遅いのと上体リラックスしてシートに荷重をかける、倒しこみは前回よりできてきている」でした。なるほど納得。2本目は、上体リラックスとなるよう、意識を下の方特にニーグリップを意識して走行、目線、コーナでの倒しこみ、ラインに集中しました。結果途中の森先生のアドバイスは、「ラインは前回よりアウトからインにつくようになって良くなってきている、ブレーキのリリースをもう少し早めて速度の殺しすぎないように。」でした。確かにやはりコーナ入る時のブレーキリリースだなぁと痛感しつつ、当社比10%づつぐらいでブレーキリリースタイミングを早めていったころに終了。上体リラックスと目線、倒しこみ、ラインはまぁまぁ7、8割。まだまだイケそうな感触でした。やはりブレーキリリースタイミングかなときになるところ。3本目の前に見直しのために、写真を持参したデジカメで事務局のMさんにお願いして練習中を撮って頂きました。Mさんありがとうございましたm(_ _)m さて3本目、仕上げという意味で、ブレーキリリースタイミングとあと今回もコーナリングフォームはハングオフですが、これも意識的にもっと大胆に動くように意識して走行。いい感じかなということろで30分終了してしまいました。3本とも走行後、大汗かきました。インナーの着替え持って行って正解。やはり残る課題はブレーキリリースタイミング、コーナインでせっかくの直線加速での速度を殺しすぎないコトがまだまだ残課題かなと。森先生からの、3本目終了後の最後のアドバイスで、多少オーバスピードでコーナ進入してもアクセル操作なし、ブレーキ操作なしならば、コーナは(転ばずに)なんとかなるものですよというのが非常にココロに残りました。この日は、過去に比べてかなり高い速度(自分内で)でコーナ進入してましたから、なるほど!と思いました。森先生の御指摘通りまだブレーキリリースを早めて、高い速度を維持してコーナ(特に第1コーナ)に進入できそうな気がしました第2コーナは距離が長い分目線の先送りがやりづらかったように思えまた。 いずれにせよ、トミンはこれまでのクローズドでない高速度域の練習であるので、色々とさらに課題が見えてきたように思えます。路面のカントを感じるとか、呼吸の意識までの余裕まではまだないので、そのあたりも今後課題かなと。2本目以降は上体リラックスもできたように思えました。

 写真は3本目のウォームアップ後の最終コーナ

C_in01_2

C_in02_2


同じく最終コーナ出口、フルスロットル!にしつつあるところ。ここも開け始めが遅かったですね。

Out01_2

Out02_2


佐川校長のデイトナのコーナリング、やはりバンク角度が違いますね

Sagawat_c01_2

Sagawat_c02

こちらはMクラスの方々の走行。スピードも違います。

Umaihitoc_01

黄色のシャツでデュアルヘッドライトのストリートトリプルの方が森先生

Umaihitoc_02


課題は、まあ概ね7割方目標を達成できたかな~と思っております。少なくとも前回のように「どよ~ん」とした気分で帰らずに済みました。寒い日でしたが、1本30分走ると汗だくで、総じていい汗かいましたw

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »