« Versysの燃費 | トップページ | KRSのトライカーナ講習に参加(8/9) »

KRSのトムカーナ講習に参加(7/19)

 7/19にKRSのトムカーナと続く7/20の「初めてのKRS」にVersysで参加してきました。トムカーナとはKRSの造語なのですが、ジムカーナ的コース(教習所のS字、クランク、タイトコーナの多いコース)をタイムではなく、テーマを設定して、走りを追求する走りということになるでしょうか。KRSの前身であるRAS時代には上手い人が1/3以上の参加であったので、フォームもリーンウィズだけでなく、リ-ンアウト、リーンイン、片手で、スタンディングで走行とか課題ふんだんでしたが、KRSになってから、基本に立ち返ることになったのか、午前中はみっちりトムカーナの考え方走り方(直ピーカートロ、DSB、CKM等)リーンウィズでセルフステアを引き出す、ハンドルを強く握り締めない等の講義、あわせて、各人の車両のレバー設定やチェーンメンテの方法等の座学講習でした。実走は午後一杯(7/19)。7/20は「初めてのKRS」なのですが、在校生は午前中、トムカーナの自主練習ができるとのことで、連続して参加してきました。なぜにZZR1400でなくてVersysか?それは乗りなれたほうがいいかなということと、ZZR1400だと倒してしてしまうカモ(^^;という不安があって2日共Versysで参加してきました。結果Versysで正解。私的には低速でのセルフステアを体感でき、以前よりコーナリング中にグリップに力が入らなくなりました(かなり脱力できるようになった)。2日の午前中はタイトコーナでも1速でギクシャクせずに走れるようになったことかなとか。しかし2日共に快晴で暑くて水分補給で休み休みってのもありました。結果的にマメに休みながらが途中で疲労回復になったのか、後半になるにつれ楽しく走れたように思いました。参加者は2日共に約20台。2日連続の人も私含めて5,6人おられました。もう少し深くバンクできたかなというところが課題として残りました。KRSのブログのVersysは私だったりします。

090719_krs_tom1

写真は19日の終了直後。19日の印象というか注意点は、なるほど時間をかけて走ると要点や改善点が見えてきて、無駄な力も不要で楽しく走れるようになってくる、その反面ジワジワと疲れも進行するので、あるところで、注意力、集中力が落ちるというか低下し、ミスにつながり転倒するリスクも大だなと実感。後半結構ミスコースして戻ろうとして転倒や、縁石に接触して転倒とか、それまで一見、快調に走っていたのに??って方も後半おられたように見えました。転倒された方は、大きなダメージもなかったようで幸いでした。ささいなことですが、休憩って大事だなと思いましたね。こういうクローズドだけでなく、ツーリングにも言えることですが・・・(^^;

|

« Versysの燃費 | トップページ | KRSのトライカーナ講習に参加(8/9) »

Versys」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

ライスク」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34014/45741442

この記事へのトラックバック一覧です: KRSのトムカーナ講習に参加(7/19):

« Versysの燃費 | トップページ | KRSのトライカーナ講習に参加(8/9) »