« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年5月

ダヴィンチ・コードブームちゅうかメディアミックス宣伝ちゅうか

 帰宅してCATVつけたら、ダヴィンチ・コード特集とか便乗特集が多いヒストリーチャンネル、ナショジオ。原作も読んでますが、キリスト教は身近な存在でもないので、それほど面白いとは思いませなんだw ちゅうか便乗で他の分野、例えばヒトラー関係のノンフィクションの和訳タイトル「ヒトラー・コード」なんかは、中身ずいぶんと読んだ人には評価高いのに、ぱっと見「便乗モノ」と思われスルーされそうで気になります(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWのアキバ

 EPS電源とHDD探しに、いざ秋葉原へ赴きました。

Akib_01

 相変わらずの雑踏です。お約束のメイドさんもいます。

Akib_02

 猫スポットの猫も健在(^^ いい天気でよかった(^^)

Akib_03_1

  しかしEPS電源は高額で給料日まで持ち越し(^^; HDDはこれはというものは、やはり売り切れ…orz
結局本屋さんへGOでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DoGA CGAコンテスト(第18回)感想

 5/3に東京会場の中野ゼロホールに行ってきました。

_igp0032


  毎度ながらの黄色ハッピ着用スタフの皆様です。御苦労様です。m(__)m 今回は、昨年御一緒したくーるんさんは関西に引越し、ミリオンさんは別件で合えず、一人でひたってまいりましたw
  さて内容の感想は、細かく書くとネタバレになるので、大阪会場の5/7が終了した頃に追記しますが、代表のかまた ゆたか氏が言われた通り、入賞作は、2DでFlashで作成という作品が多かったです。3D好きな私としては少し寂しい限りですが、アニマス、LW3D、3dMAX制作作品の入選作ももちろんありました。メテオールさんの作品は主ソフトLW3Dですし、なにより見ると「あぁDoGAのCGAに来たな~」と実感できます。w またテーマ性を掘り下げた、追求した、視聴後余韻を残す入賞・入選作品も多かったです。作り手に女性が増えたということも印象的でした。ただ少し残念なのは、明らかにこれは!おもしろい(笑えるという意味で)というのも少なかった感があります(例年比較という意味で)。とはいえ、どの作品も、クオリティは素晴らしく創作意欲マインドに火がつく内容でした。
 後半の特別上映会で3作見れたのもよかった。中野ゼロが17時までが昼の部で、それ以降が夜の部で別料金となるということは、今回初めて知りました(^^;
 また来年も、東京会場は、中野ゼロホールで開催予定であるそうです。とにかくまた色々な意味で励みになりました。DoGA CGAコンテストに多謝!

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そして結局NewTVはブラウン管

 結局4月の初旬にTVを買い換えました。機種は、PanasonicのTH-28D65。どうもフラットハイビジョン管としては最後のモデルになりそうな予感が(^^; 色々探しましたが、どうもプラズマや液晶を選択する気になれなかったです。本当にSED方式のTVが待ち遠しいですが、壊れてしまったので仕方なくという決断(TT)。壊れたのは、前の記事でも掃除云々で書いた14年間使い倒した画王(同じ松下のTH29VS20)なのでした。外形寸法、重量は、ほぼ同じ。普通の29インチが横長の28インチになったということぐらいでしょうか。ウチに来た直後は横長画面がちょっと新鮮でしたが、この手の新鮮さは2日ぐらいで失われてしまうので、実際の効果が目に見えて出たのは、この次の週にCATVをアナログからデジタルに換えた時。デジタル化によりチャンネルによってはD3規格の画像出力があるので、新しいTVはデジタル出力がD4対応で2入力あるということで、デジタルハイビジョン放送のキレイさが実感できました。昔の古いアナログのS-VHSの再生映像も試してみましたが、色合い等ある程度補正してくれている(PEAKS回路の恩恵?)ようで、なかなか総評GOODです。(^^

あと、放熱口は、埃が入りにくいようにTV背面上部になく、側面だけにあるといゆう設計もよいですね。掃除の際に埃を中に入れてしまったと、ちょい気にする精神的負担(笑)が減りましたw

Newtv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »