« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

アイルランド幻想

  年に数回、何気に手にした本で、これは読んでよかった~としみじみ思う本ってあるじゃないですか。
最近は「アイルランド幻想」ピーター・トレメイン著光文社文庫刊 がヒットでした。短編集ですが、一つ一つがそこそこ尺が長く、かといって内容がダレルわけでもなく、ラストまで引っ張る面白さが久々にありました。
 海外のゴシックホラーは古いところでは、ロバート・ブロックやW・H・ホジスン等、新しいところでは、S・キング御大なんでしょうが、ベースにアイルランドの歴史、キリスト教以前の古代宗教の神々、ドルイドや伝説、荒ぶる自然を背景にキャラは立ってるし、登場人物がアメリカ人の視点だったりで、意外と面白かったというのが感想です。尼僧が探偵役のシリーズの訳出も期待してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪談ナイトツアー

 8月前か前半だったか、稲川淳二の怪談ナイトツアーの予約ができたので、本日(9/23)メルバルクホールに
行ってきました。長年行こう行こうと思いつつ、忙しくて行けなかったのだけど、今年は珍しく予約もとれてよかった。
 怪談トークショーなんですが、ビデオ等で期待していた通り、舞台背景、演出共によく稲川さん御自身の体験談もあって、私的に大満足(^^。入りも見た限り9割がた座席は埋まっていて大盛況でした。しかしこのイベントも13年目なんですね。行こうと思いつつそんなにたってしまったかと(^^;。特におもしろいというか、ノリのよかったというのが心霊写真の紹介。どれも明瞭明確で(但し拡大して指摘されないとわからないものもあり)会場内の、どよめきが印象的でした。唯一残念なのは、座席が1階の後ろのほうで稲川さんのお顔が豆粒のようにしか見えなかったことかな。表情が見えにくかったものの、ライト等の演出のお陰で雰囲気的には全然支障はなかったんですが、どうやら、前方の座席は常連さんが多いのかな。
 
 時期でいうとこの暑さも和らいだこの時節が稲川さんの言われるとおりよい時期なのかも。いやもう怖い話スキーナ人にはお勧めなイベントでした。来年もぜひ参加したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »