« 日曜日の太郎坊(富士山5合目) | トップページ | Think About 猫2 »

Think about 猫

実は、まだ「猫の飼い方」「悪徳業者 ペット」とかググッてます。(藁
で、まぁ悪徳業者の有名どころは大体見えてきたので、それはまぁ市場があるならさもありなんで驚きはしないんですが、ちょっと驚いたのは「動物愛護団体」とかNPOのいわゆるペットの里親探しの団体。いわゆる善意の人々であるのはいいとして、率直なところ やーまーなんちゅうか中には、ちょっとキモチワルイ団体もあるなぁと(笑)。2chもまわりましたけど猫の人権、猫のキモチ云々書いてる人には、どこまで本気かともかくあきれてしまいました(^^;

 よく見かける主張は
 
  ・行政によるいわゆる捨て猫、犬の「殺処分」反対
  ・犬猫には避妊手術をする(むやみに個体数を増やさない)
  ・里親募集時には、猫を渡す相手先の家族構成や猫の飼える環境かどうか詳しく調べること。

 しかし、「殺処分」反対って・・・どーすんねん?と思うと、対案として飼い主か保護者が獣医さんのところに持ち込んでせめて安楽死させてやるとゆーのをよく見かけました。無責任に捨てるよかいいんでしょうが、世の中それすらも出来ない人もいるだろうし、むしろ行政側の現状の「殺処分」方法(炭酸ガスによる窒息死:もがき苦しみながら死ぬ動物が哀れ(大意))が不満ならば、それを改善して速やかに処分する方法(用は苦しませずに速やかに処分方法)を提案するとか(本当は殺さずに済むのならばそれに越したことはないんですが)、のほうがまだマシな気がします。

 で2番目の避妊手術は別に異論はないです。しかし3番目の「里親募集」のページって・・・なんちゅうか いわゆる過度の「猫可愛がり」な世界が多くて引いてしまいました(^^;; 里親として渡す条件に、後々の猫の様子を連絡する人にしか渡さないとか、里親の家族構成 や仕事を教えろとか、まぁ動物虐待する人や悪徳ブリーダー等警戒するのはよくわかるんですが ちょっといくらなんでも信用しなさ杉では??ちゅう例も(私的には)感じられました。

 上記のキモチワルイ団体というのは、「引越しするのでウチの犬を引き取ってくれませんか?」 という書き込み(あるいは要望例)に対して「何故引越し先に犬を連れて行かないのか!(怒)} と怒ったあげく最後に連れて行けないからといって保険所で「殺処分」にするな(大意)と命令調 で回答があったり(つれていけない理由があるんでしょう)。新潟の震災で家を失ったペット家畜 等が野放しで飢えていて哀れなので、ボランティアでそれらの健診を実施したら今のところ元気だったと か(被災者の方がもっと大変と思うけど(^^;)
 こうなんちゅうか、全てではないと思いますが、この手の団体(NPOらしい)の方々って自分達は 正義を背負って立つ的な所があって、動物大好きな方は、いいかも知れませんが自分はちょっとこの手の方々に対して、里親になりますと立候補したくなる気持ちが薄れました。

 無論そんなところばかりではなく、とてもアットホーム的で親切な所も見かけましたがなんだか少数っぽく 感じられました。最も一人暮らし、というところで私は、譲渡対象者としては大きなハンデがあるようです。(^^;;
 
 経験でいうと、私の祖母(父方も母方も)は、昔ある期間猫を飼ってましたが、それはふらりとウチに 迷いこんできたどこかの猫に「ウチの経済状況はこれこれで厳しいので半年は面倒見れるけど、後は自分で 身のフリつけなさい云々(大意)」と説教してウチで飼い、そして半年後になると、ある日 猫自ら忽然と姿を消してしまう、というような飼い方といえるかどうかわかりませんが。そのような形で猫 を遇していました。その当時って祖母に限らず近所の方もそんな感じで野良猫と付き合っていたような気が します。自分的にはそういう猫のミステリアスなところが好きなんですが、ネットで見る限り今はだいぶ事情 が違うように思えます。

|

« 日曜日の太郎坊(富士山5合目) | トップページ | Think About 猫2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34014/1927764

この記事へのトラックバック一覧です: Think about 猫:

« 日曜日の太郎坊(富士山5合目) | トップページ | Think About 猫2 »